ATEN logo
製品カテゴリに戻る
KL1516A

17/19インチLCD搭載16ポートカテゴリ5KVMドロワー

KL1516Aは、17/19インチLCDを搭載した、カテゴリ5タイプの16ポートKVMドロワーです。本体はデュアルスライド構造を採用し、上下のモジュールが個別にスライド可能。このため、下部のキーボードモジュールはラックに格納し、上部のLCDモジュールだけを使ってシステムの監視をすることができます。また、サーバーの接続は、コンピューターモジュールと呼ばれるデバイスとカテゴリ5/6eケーブルを使って配線しますので、ケーブルの占有スペースを抑えられるのも特長です。
本製品はKL1516の後継となる製品で、セカンドコンソールがPS/2とUSBの両方に対応しました。また、モジュールID機能やログインモード機能に対応し、OSDでは日本語メニューも利用可能。本来KVMドロワー自身が持っているスペース効率の高さに加え、利便性の高い機能でシステム運用の業務を快適にします。


Bookmark and Share
select img from certifyType where id = '20080912170329002' && lang='en'
select img from certifyType where id = '20080912165447002' && lang='en'
select img from certifyType where id = '20081021164040002' && lang='en'
KL1516A

KL1516A17/19インチLCD搭載16ポートカテゴリ5KVMドロワー

KL1516Aは、17/19インチLCDを搭載した、カテゴリ5タイプの16ポートKVMドロワーです。本体はデュアルスライド構造を採用し、上下のモジュールが個別にスライド可能。このため、下部のキーボードモジュールはラックに格納し、上部のLCDモジュールだけを使ってシステムの監視をすることができます。また、サーバーの接続は、コンピューターモジュールと呼ばれるデバイスとカテゴリ5/6eケーブルを使って配線しますので、ケーブルの占有スペースを抑えられるのも特長です。
本製品はKL1516の後継となる製品で、セカンドコンソールがPS/2とUSBの両方に対応しました。また、モジュールID機能やログインモード機能に対応し、OSDでは日本語メニューも利用可能。本来KVMドロワー自身が持っているスペース効率の高さに加え、利便性の高い機能でシステム運用の業務を快適にします。
  • デュアルスライド対応17/19インチLCD一体型8ポートカテゴリ5KVMドロワー
  • 1コンソールから最大16台のコンピューターを操作可能
  • デイジーチェーン接続対応 – KVMスイッチの追加増設は最大31台まで、接続可能コンピューターは最大512台まで対応
  • RJ-45ポートへのカテゴリ5e/6ケーブルの配線で省スペース化を実現
  • 1Uサイズのデュアルスライド構造 - LCDパネル、キーボード/タッチパッドパネルは個別にスライドさせることが可能
  • マルチプラットフォーム対応 - Windows、Mac、Linux、Sun
  • 自動変換機能を備えたコンピューターモジュールの使用で、インターフェース(PS/2、USB、Sun)が混在した環境でもコンソールの集約が可能
  • モジュールID保存機能*1 - モジュールのポート変更後もデバイス情報を自動認識。製品側では再設定不要
  • 日本語にも対応した多言語OSD搭載
  • ログインモード - 製品本体へのログイン機能は設定で無効にすることが可能
  • セカンドコンソールポート搭載 (PS/2・USB対応)
  • 外付USBマウス用ポート搭載
  • オートスキャンモード - 製品に接続された特定のコンピューターを自動的に切替表示
  • 解像度 - 最大1,280×1,024@75Hz (製品~コンピューターモジュールの距離が50mの場合)*2
  • ツリー構造のOSDでコンピュータの検出・管理が簡単
  • LED表示機能付のステーション/ポート選択ボタンで目的のコンピューターにも簡単切替
  • コンソールロック機能 - 未使用時にはコンソールドロワーを内側にロック
  • ホットキーモードやOSD起動は、専用キーで呼び出しが簡単
  • マルチユーザー対応 - 最大でユーザーは10名、アドミニストレーターは1名のアカウント作成が可能
  • 2段階のユーザーアクセス制御 - パスワード保護により不正なアクセスを防止
  • ポート別にユーザーアクセス権限の設定が可能
  • ポート切替方法 - フロントパネルのプッシュボタン、ホットキー、日本語対応OSD
  • LCDモニター専用電源ボタン搭載
  • LCD部分は120°まで開閉可能
  • ブロードキャスト機能 - コマンドを製品配下にあるコンピューターに一斉送信。システム全体で実施するメンテナンス作業に好適
  • ファームウェアアップグレード対応

    ※ コンピューターモジュールと本体との間には、弊社 Cat5eケーブルのご使用を推奨致します。
    *1 モジュールID保存機能対応 - KA7520、KA7170、KA7570、KA7920、KA7970、KA7130
    *2 セカンドコンソールとして使用するモニターは最大1,600×1,200@60Hzに対応(製品~コンピューターモジュールの距離が40mの場合)
KL1516A

KL1516A17/19インチLCD搭載16ポートカテゴリ5KVMドロワー

KL1516Aは、17/19インチLCDを搭載した、カテゴリ5タイプの16ポートKVMドロワーです。本体はデュアルスライド構造を採用し、上下のモジュールが個別にスライド可能。このため、下部のキーボードモジュールはラックに格納し、上部のLCDモジュールだけを使ってシステムの監視をすることができます。また、サーバーの接続は、コンピューターモジュールと呼ばれるデバイスとカテゴリ5/6eケーブルを使って配線しますので、ケーブルの占有スペースを抑えられるのも特長です。
本製品はKL1516の後継となる製品で、セカンドコンソールがPS/2とUSBの両方に対応しました。また、モジュールID機能やログインモード機能に対応し、OSDでは日本語メニューも利用可能。本来KVMドロワー自身が持っているスペース効率の高さに加え、利便性の高い機能でシステム運用の業務を快適にします。
KL1516A Diagram


    製品が定めるケーブル、アダプタおよび他製品との接続について:
  1. 1.弊社製品、他社製品を問わず製品同士(分配器、延長器、切替器、およびコンバータ)を連結した動作保証はいたしておりません(たとえばKVMスイッチと延長器の連結や、延長器にコンバータを連結する事など。ただし、弊社が動作試験を行い、評価・案内したものを除きます)。
    組み合わせ表 *PDF 95KB
  2. 2.製品を組み合わせる事により多様で画期的なシステムを数多く実現させていますが、組み合わせにより個々の製品の性能を十分に発揮できない場合もございます。
  3. 3.この声明は製品の組み合わせ利用を制限するものではございませんが、製品の導入前に接続検証いただく事を推奨いたします。

    免責事項
  1. 1.弊社製品は一般的なコンピュータのメインフレームおよびインターフェースの操作・運用・管理を目的として設計・製造されております。高度な動作信頼性と安全性が求められる用途、例えば軍事使用、大規模輸送システムや交通インフラの制御、原子力発電所、セキュリティシステム、放送システム、医療システム等における可用性への要求を必ずしも満たすものではございません。
  2. 2.キーボード、マウス、モニタ、コンピュータ等、弊社製品に接続されるクライアントデバイスは、それぞれベンダの独自技術によって開発・製造されております。そのため、これらの異なるデバイスを接続した結果、予期できない機器同士の相性問題が発生する可能性があります。また、機器の併用により、それぞれオリジナルで持つ機能を全て発揮できない可能性があります。異なる環境・異なる機器の組み合わせにより、機能面での使用制限が必要になる可能性があります。
  3. 3.他社製品のKVMスイッチ、キーボード・マウスコンバータ、キーボード・マウスエミュレータ、KVMエクステンダー等との組み合わせはサポート対象外となりますが、お客様で自己検証の上であれば、使用を制限するものではありません。
  4. 4.製品に対しての保証は、日本国内で使用されている場合のみ対象とさせて頂きます。
  5. 5.製品やサービスについてご不明な点がある場合は、弊社テクニカルサポート部門までお問い合わせください。

  • * 掲載されている商品名・会社名などは、各社の商標ならびに登録商標です。
  • * 掲載した商品の仕様などは、予告なしに変更する場合があります。
  • * Copyright(C) ATENjapan.jp is Published by ATEN Japan Co., Ltd. All rights reserved.
KL1516A

KL1516A17/19インチLCD搭載16ポートカテゴリ5KVMドロワー

KL1516Aは、17/19インチLCDを搭載した、カテゴリ5タイプの16ポートKVMドロワーです。本体はデュアルスライド構造を採用し、上下のモジュールが個別にスライド可能。このため、下部のキーボードモジュールはラックに格納し、上部のLCDモジュールだけを使ってシステムの監視をすることができます。また、サーバーの接続は、コンピューターモジュールと呼ばれるデバイスとカテゴリ5/6eケーブルを使って配線しますので、ケーブルの占有スペースを抑えられるのも特長です。
本製品はKL1516の後継となる製品で、セカンドコンソールがPS/2とUSBの両方に対応しました。また、モジュールID機能やログインモード機能に対応し、OSDでは日本語メニューも利用可能。本来KVMドロワー自身が持っているスペース効率の高さに加え、利便性の高い機能でシステム運用の業務を快適にします。



機能 KL1516A
コンピュータ接続数 ダイレクト接続 16
最大(デイジーチェーン) 512
コンソール接続数 1
セカンドコンソール 1
コンピュータ側対応
インターフェース
キーボード PS/2、USB(Win、Linux、Mac、Sun)
マウス
セカンドコンソール側対応
インターフェース
キーボード PS/2、/USB
マウス
ポート選択方法 プッシュボタン、ホットキー、OSD
コンピュータ側コネクタ キーボード RJ-45×16
マウス
モニタ
セカンドコンソール側コネクタ キーボード ミニDIN6ピンメス×1
USBタイプAメス×1
マウス ミニDIN6ピンメス×1
USBタイプAメス×1
モニタ D-sub15ピンメス×1
スイッチ リセット ピンホール型スイッチ×1
ポート選択(ステーション) プッシュボタン×2
ポート選択(ポート) プッシュボタン×16
電源 ロッカースイッチ×1
ファームウェアアップグレード スライドスイッチ×1
LCD電源 プッシュボタン×1
LCD OSD プッシュボタン×4
デイジーチェーンポート OUT DB-25ピンオス×1
ファームウェアアップグレードポート RJ-11×1
外付けマウスポート USBタイプAメス×1
電源ソケット 3極AC電源ソケット×1
LED ポート(オンライン) グリーン×16
ポート(選択) オレンジ×16
ステーションID 2桁7セグメントデジタル表示
オレンジ×1
電源 ブルー×1
Num Lock グリーン×1
Caps Lock グリーン×1
Scroll Lock グリーン×1
LCD電源 オレンジ×1
キーボード・マウス エミュレーション PS/2、USB(Win、Linux、Mac、Sun)、シリアル
スキャンインターバル 1~255秒(ユーザー設定)/5秒(デフォルト)
電源仕様 AC100V~240V 50Hz/60Hz
消費電力 17インチLCD 26.2W
19インチLCD 28.2W
VGA解像度 17インチLCD 最大1,280×1,024@75Hz DDC2B準拠
19インチLCD 最大1,280×1,024@75Hz DDC2B準拠
動作環境 動作温度 0~40℃
保管温度 -20~60℃
湿度 0~80%RH、結露なきこと
ケース材料 メタル
重量 17インチLCD 16.86kg
19インチLCD 18.33kg
サイズ (W×D×H) 17インチLCD 482×709×44mm
19インチLCD 482×760×44mm
同梱品 電源ケーブル×1
ファームウェアアップグレードケーブル×1
イージーセットアップラックマウントキット(ショートorロング)×1
クイックスタートガイド×1
対応KVMモジュール 《PS/2用モジュール》
KA7520
KA7920

《USB用モジュール》
KA7170
KA7570
KA7970
デイジーチェーン対応製品 KH1508A
KH1516A
ACS-1208A
ACS-1216A
CS1708A
CS1716A
デイジーチェーン用ケーブル 2L-1700(0.6m)
2L-1701(1.8m)
2L-1703(3m)
2L-1705(5m)
2L-1715(15m)
レガシーSUNシステム対応モジュール (13W3+ミニDIN8ピン) KA7130
SUNシステム対応モジュール (D-SUB15ピン+USB) KA7170
MAC対応モジュール KA7170
KA7570
KA7970

・KL1516A型番一覧
KLシリーズを購入した場合、以下のイージーセットアップ・ラックマウントキットが選択可能です。ご購入の際にはラックマウントキットタイプをご指定下さい。

モデル ポート数 イージーセットアップ・
ラックマウントキット
(対応ラック奥行き)
型番
17インチLCDモデル KL1516AM 16 ショート
(42cm - 70cm)
KL1516AMJJS
ロング
(68cm - 105cm)
KL1516AMJJL
19インチLCDモデル KL1516AN 16 ショート
(42cm - 70cm)
KL1516ANJJS
ロング
(68cm - 105cm)
KL1516ANJJL

※注意:ラックマウントキットの対応奥行き表示は、ラック取り付け支柱間の距離を表しています。実際のラックマウント作業の際には、ラック内寸に対するドロワー本体の奥行きやケーブル取り回しを考慮する必要がありますのでご注意ください。


    免責事項
  1. 1.弊社製品は一般的なコンピュータのメインフレームおよびインターフェースの操作・運用・管理を目的として設計・製造されております。高度な動作信頼性と安全性が求められる用途、例えば軍事使用、大規模輸送システムや交通インフラの制御、原子力発電所、セキュリティシステム、放送システム、医療システム等における可用性への要求を必ずしも満たすものではございません。
  2. 2.キーボード、マウス、モニタ、コンピュータ等、弊社製品に接続されるクライアントデバイスは、それぞれベンダの独自技術によって開発・製造されております。そのため、これらの異なるデバイスを接続した結果、予期できない機器同士の相性問題が発生する可能性があります。また、機器の併用により、それぞれオリジナルで持つ機能を全て発揮できない可能性があります。異なる環境・異なる機器の組み合わせにより、機能面での使用制限が必要になる可能性があります。
  3. 3.他社製品のKVMスイッチ、キーボード・マウスコンバータ、キーボード・マウスエミュレータ、KVMエクステンダー等との組み合わせはサポート対象外となりますが、お客様で自己検証の上であれば、使用を制限するものではありません。
  4. 4.製品に対しての保証は、日本国内で使用されている場合のみ対象とさせて頂きます。
  5. 5.製品やサービスについてご不明な点がある場合は、弊社テクニカルサポート部門までお問い合わせください。

  • * 掲載されている商品名・会社名などは、各社の商標ならびに登録商標です。
  • * 掲載した商品の仕様などは、予告なしに変更する場合があります。
  • * Copyright(C) ATENjapan.jp is Published by ATEN Japan Co., Ltd. All rights reserved.
KL1516A

KL1516A17/19インチLCD搭載16ポートカテゴリ5KVMドロワー

KL1516Aは、17/19インチLCDを搭載した、カテゴリ5タイプの16ポートKVMドロワーです。本体はデュアルスライド構造を採用し、上下のモジュールが個別にスライド可能。このため、下部のキーボードモジュールはラックに格納し、上部のLCDモジュールだけを使ってシステムの監視をすることができます。また、サーバーの接続は、コンピューターモジュールと呼ばれるデバイスとカテゴリ5/6eケーブルを使って配線しますので、ケーブルの占有スペースを抑えられるのも特長です。
本製品はKL1516の後継となる製品で、セカンドコンソールがPS/2とUSBの両方に対応しました。また、モジュールID機能やログインモード機能に対応し、OSDでは日本語メニューも利用可能。本来KVMドロワー自身が持っているスペース効率の高さに加え、利便性の高い機能でシステム運用の業務を快適にします。





    No data found.
OS Desc. Ver. Release Date File Name
  Firmware Upgrade v1.3.128 2015-7-14 kl1508a_1516a_v1.3.128.zip
  Firmware Upgrade v1.3.125 2014-10-16 kl1508a_kl1516a_v1.3.125.zip
  Firmware Upgrade v1.3.124 2014-6-13 kl1508a_kl1516a_v1.3.124.zip
  Firmware Upgrade v1.3.121 2013-12-2 kl1508a_kl1516a_v1.3.121.zip
  Firmware Upgrade v1.2.112 2013-4-25 kl1508a_1516a_v1.2.112.zip
  Firmware Upgrade v1.1.102 2013-1-31 kl1508a_1516a_v1.1.102.zip
No data found.
Banner Ads
オンラインショップならすぐ買える!すぐ届く!
Banner Ads
保証対象製品が拡大!ますます充実
製品保証規定: ユーザーマニュアル FAQ
KVM Tool Box
Top
More Product Info KVMケーブル対応表  |  ラックマウント対応表  |  電源アダプター対応表  |  製品保証規定  |  延長保証オプション  |  生産終了製品